時給が高いエリアはどこ?朝キャバ・昼キャバのエリア別特徴┃東京編

大都会東京には数多くのキャバクラが存在します。
どこで働くか迷っている人にも、参考になるようにエリア別の特徴をまとめてみました。
同じキャバクラでも地域によって違いが出るので、自分に合うエリアを探してみてください。

新宿エリアの朝・昼キャバの特徴と時給

新宿歌舞伎町はキャバクラ激戦区なので、とにかく店舗数が多いのが特徴です。
夜キャバだけでなく、朝・昼キャバもたくさんあります。
新宿エリアの時給は4000円~が基本で、中には6000円以上するお店もあって一日でかなり稼ぐことが可能です。
新宿には若者も多く来るので、朝・昼キャバに来るお客さんの年齢層は比較的若めです。
ホストクラブも同じようにたくさんあるので、同業者のお客さんが多く来店するのも特徴です。
新宿エリアで働く女の子は可愛い系の子もいれば、綺麗系の子もいて様々な系統の子が揃っています。

六本木エリアの朝・昼キャバの特徴と時給

高級感のある六本木のキャバクラは、ハイレベルな店が多いのが特徴で、時給は4500円~5000円とこちらも割と高めです。
六本木には高級店も多く、客層は会社の社長や経営者など経済的に余裕のある人が来店します。お客さんはお金持ちの人が多いので客単価が高いですね。
六本木エリアで働く女の子は、接客と容姿のレベルが高くて洗練された人が揃っています。
他のエリアよりも気軽に働ける感じはありませんが、レベルの高い接客が身に付くので、自分のレベルを高めたいという人にはおすすめです。

上野エリアの朝・昼キャバの特徴と時給

上野はどちらかというと親しみやすさのあるエリアなので、アットホームなお店が多いです。
アットホームといっても、接客力の高い子が揃っているので、落ち着いた空間の中でしっかりとした接客を受けることができます。
上野エリアの時給は、3500円~4000円のところが多く、新宿や六本木よりは低めです。
上野には観光客が多く、外国人のお客さんや地元に住む人も来店します。
女の子は落ち着いた親しみやすいお店が多いので、派手でキラキラしているというよりは、カジュアルめな子が多いかもしれません。
若い年代の子がたくさんいますが、30代以上の人も多く働いています。

池袋エリアの朝・昼キャバの特徴と時給

池袋のキャバクラはステージで歌ったり踊ったり、ショーが見られるお店が多いのが特徴です。
キャバクラの中では珍しいですが、女の子の接客だけではなく目で楽しむこともできます。
普通のキャバクラとは違う雰囲気のエンターテイメントを求めている人は、池袋がおすすめです。
池袋エリアの時給は4000円台が基本で、他の地域と比べると一般的な時給ではないでしょうか。
池袋には若い年代から高齢な方まで、幅広い年齢のお客さんが来店します。
働く女の子の特徴は、レベルの高い子もいればそうでもなかったり様々です。
池袋ではあまりレベルの高さを求められることはないので、未経験でも安心して働くことができます。

昼のパートやアルバイトをするより断然稼げる

朝キャバと昼キャバは夜キャバよりは稼げないですが、一般的な昼間の仕事よりは時給は高いです。

例えば昼の時間にコンビニのパートで働いた場合、時給は800円~900円くらいなので5時間働いたとしても900円×5時間=一日4500円になります。
それに比べて平均時給3000円の朝・昼キャバで5時間働くと3000円×5時間=一日15000です。
二つの差を見ると一日で10500円の差が出てきます。
一日同じ時間働いてもこんなに差が出るのは驚きですよね。

昼のパートやアルバイトは時給の高いところでも1000円台がほとんどなので、そんなに稼ぐことはできません。
仕事内容の違いもありますが、朝キャバか昼キャバの方が断然稼ぐことができます。
昼間の仕事で高収入を望む人にはおすすめです!