意外と知らない朝キャバ・昼キャバと夜のキャバクラの違い

キャバクラでは「お客さんを接客する仕事」というイメージがあると思います。
しかし接客する仕事でもどんなことをするのか、いまいちよくわかっていないという人が多いです。
そんな人のためにキャバ嬢の仕事内容と、一日の流れを詳しく説明します!

朝・昼キャバと夜キャバの違い①仕事内容と一日の流れ

まずキャバ嬢の仕事とは、みなさんのイメージする通り接客をすることです。
接客はお客さんと会話したり、一緒にお酒を飲んだりします。

お客さんにお酒を作るのもキャバ嬢の役目です。
スタッフに作ってもらうこともありますが、お客さんがボトルを注文した時はテーブルでキャバ嬢がお酒を作ります。

接客だけではなく、お客さんに営業をすることも仕事の一つです。
営業LINEをしたり、同伴やアフターに行くのもお客さんを獲得するために必要になります。
朝キャバの場合は全くないわけではありませんが、同伴は少ないです。

次はキャバ嬢が出勤日にどんな一日を過ごしているのか、流れをご説明します。
①同伴(同伴の予定がある場合は、出勤前にお客さんと会います)
②出勤(夜キャバは夕方くらいからで、朝・昼キャバは夜中から午前中の間)
③お客さんを接客(仕事内容は夜も朝、昼も変わりません)
④退勤(夜キャバは夜中、朝・昼キャバは午前中~夕方)
⑤アフター(営業後にお客さんと、食事に行ったりします)

このように流れは変わりませんが、夜キャバと朝・昼キャバの違いは時間帯ですね。

朝・昼キャバと夜キャバの違い②キャバクラに来るお客さん

同じキャバクラですが、時間帯によって来店するお客さんに違いがあります。
夜のキャバクラは仕事終わりのサラリーマンなど一般的な仕事をしている人や、場所によっては著名人が来ることも。
朝・昼キャバは夜中に働いているオーナー、ボーイ、ホストなど同業者の方がよく来店します。
仕事終わりに開いているお店があまりないので、朝か昼のキャバクラに来るようです。
例えばホストをしている人は、仕事中はお客さんに尽くしています。
仕事後は自分の癒しを求めて、キャバ嬢に接客をしてもらうために来ている人が多いです。

他にも、出張に来た人や観光客も、朝・昼営業のお店を利用します。なぜ昼間に来るのかというと、夜には帰らなくちゃいけない場合があるので、昼間に楽しみたいというのが理由の一つです。
一日の中で時間に余裕のある、年金生活の高齢男性や地元のお客さんも来ます。
お酒が好きな人は朝から飲みたいという人が多いので、キャバクラに足を運んで女の子と話しながら、お酒を飲むのを娯楽にしているようです。

朝・昼キャバと夜キャバの違い③ノルマ・罰金などのお店のルール

朝と昼のキャバクラは夜のキャバクラよりも、ノルマが厳しくないお店がほとんどです。
夜はお客さんが多く、売り上げも高いですが、朝・昼は夜ほど客数が多いというわけではありません。
たとえノルマがあったとしても、達成するのが難しくなるのでノルマを設けていないお店が多いです。

罰金はお店によって違いますが、遅刻をした場合に払うものはどちらにも共通してあります。
しかし朝と昼営業のお店は夜中から午前中に出勤するので、寝坊しやすいです。
そのため常習化しないように罰金額が高く設定されているお店もあります。
給料が減ってしまうので、罰金にならないように気をつけましょう!

まとめ

夜と朝・昼のキャバクラの仕事内容や一日の流れに、特に変わった違いはありません。
営業時間の違いによって、出勤と退勤の時間に差があるのということは覚えておいてください。

もしこの記事を読んで「体験入店に興味が出てきた」という方は、体入ルートで朝キャバ・昼キャバの求人を探すと良いでしょう。
色々なサイトがありますが、私が使った感触ではこのサイトが一番使いやすくてオススメです。

時間帯だけでなく地域ごとに客層の違いが出てくるので、働く地域も含めて自分に合ったお店を選ぶのもアリですね。
朝・昼キャバはノルマがゆるめですが、お店によっては厳しいところもあるので必ず働く前に確認しましょう。