幅広い年齢層が働く朝キャバ・昼キャバのメリット&デメリット

朝・昼キャバで働くメリットとは

「キャバクラで働きたいけど、夜遅くまで働くのはちょっと・・・」という人が多くいます。
他の仕事よりも給料が高めなので、稼ぐためにキャバ嬢になりたいと思っていても時間帯で躊躇しがちです。
朝と昼のキャバクラならば、昼間に働くことができるので生活リズムが乱れることはありません。

また、接客業の中でも比較的時給が高いので、昼間に働く普通の仕事よりも稼ぐことができるのはメリットの一つです。
すぐにお金を貯めたいという人には、高収入なキャバ嬢の仕事は魅力を感じますよね。

そして毎日様々なお客さんが来るので、色々な話を聞けるのも朝・昼キャバのメリットです。
自分の知らない世界のことも聞けるので社会勉強になります。たくさんの出会いがあるのも良いところですね。
朝と昼のキャバクラはノルマがゆるいお店が多いので、プレッシャーなく働きたい人におすすめします!

朝・昼キャバで働くデメリットとは

キャバクラに興味のある人のためにメリットだけではなく、デメリットも正直に伝えていきますね。

まず一つ目は、朝と昼間にお酒を飲まないといけないことです。
お客さんから勧められたり、バックが入るためお酒を飲む機会が多くなります。仕事柄お酒はつきものなので、仕方ないですが時間的には少し辛い時も。
お酒が好きでいつ飲んでも平気という人は良いですが、お酒が苦手な人は少し大変です。

二つ目は、他の仕事よりも時給は高いものの、夜キャバに比べると給料の差が出ることです。
同じキャバクラなのに給料の違いがあるので、稼ぎたくて朝・昼から夜へと移る人も少なくありません。
そこまで稼ぐ欲がないけれど、普通の仕事よりは多くもらいたいという人には朝と昼キャバがおすすめです。

朝・昼キャバに向いているのはこんな人

高時給でたくさん稼げるので、同じキャバクラなら夜の方が良いですよね。
確かに同じ仕事で給料が高いなら、夜キャバの方が効率よく稼げますが、朝・昼キャバの方が合っていることもあります。
朝・昼営業に向いている人はどんな人なのか、気になると思うのでご紹介していきますね。

家事や子育てで夜働けない主婦やシングルマザー

結婚していて家事をこなさないといけない主婦は、夜に働くことができません。
旦那さんが昼間の仕事の場合、奥さんが夜にキャバクラで働くようになるとすれ違ってしまうことが多くなります。
シングルマザーの人も、子どもを夜中に預かってもらえるところが少ないので、夜に働くのは厳しいです。

どちらも夜に働くのが困難ですが、朝・昼キャバなら朝から昼間にかけて働くことができます。
夕方までには帰宅できるので、家事もしっかりできますし、子どもと一緒に過ごすことが可能です。
給料が高めなので、ちょっとしたお小遣い稼ぎのつもりでも、少し余裕が出るくらい稼ぐことができます。
シングルマザーだと経済的に厳しいこともありますが、朝か昼のキャバクラなら子どもの将来のために貯金もできるのが良い点です。

夜働くことで仕事や学業をおろそかにしたくない人

昼間に違う仕事をしている場合、夜キャバで働くとなると体力的に厳しいです。
夜中まで働いて、また昼間の仕事に向かうと体が疲れてしまっていて、仕事に身が入らなくなってしまいます。

学校に通っている学生さんも同じです。稼ぐために、学校が終わってから働くのも不可能ではありませんが、学業がおろそかになってしまいます。
夜中に働くことで昼間の活動に支障が出てしまったら、いくら稼げるといっても意味がありません。
昼間に働けば夜にしっかり休むことができるので、掛け持ちで働きたい人や休日に働ける学生さんには向いています。

まとめ

朝キャバと昼キャバのメリット、デメリットを紹介しましたがいかがでしたか?
良い点もたくさんあって魅力的な仕事ですが、大変なことも多く悪い点が決してないわけではありません。
自分が何を優先するのかによって、働くことを決めた方が良いですね。
キャバクラで働きたいと考えている人は、朝と昼のキャバクラが自分に合うのか見極めてみてください。