朝キャバ・昼キャバで指名を増やすには営業LINEがキモ!

コピペした営業LINEでは指名は増えない

キャバ嬢は指名を増やすために、1人だけではなく数人のお客さんに営業LINEを送りますよね。
何人も送るとなると、文章を考えるのが面倒になってしまってコピペしたものを送ってしまう人がいますが、お客さんからはバレバレです。
「きっと色々な人に同じものを送っている」と思われてしまうと、営業感が出てしまってお客さんは嬉しくありません。
たとえ面倒でも一通一通お客さんに合った内容で送ると、自分のことを考えながら送ってくれていると感じてくれます。

LINEは顔が見えない分、文章で相手の気持ちを読み取ります。
そのため心のこもった文章を送らないと、絶対お客さんには響きません。
適当に送るのではなく、きちんと相手のことを考えながら打つと気持ちは伝わりますよ。
コピペは時間もかからなくて送るのが簡単ですが、印象を悪くするのでやめましょう。

営業LINEでは積極的に「名前」を入れよう

お客さんにより良い印象を与えるために効果的なのが、文章の中にお客さんの「名前」を入れることです。
名前は会話の中で呼ばれたり、LINEなどの連絡の中にさりげなく入っていると特別感が生まれます。
そして親近感もわくので、お客さんからはとても好印象です。

さらに自分とお客さんで決めた「あだ名」で呼び合うと、さらに特別感が増します。
会話の中で呼び名を決める時に、自分だけのあだ名をつけてみると良いかもしれません。
LINEは手軽に送れて短い文章をテンポよく返しやすいので、名前を入れることが少なくなってしまいます。
ちょっとした文章の中にも積極的に名前を入れるようにすると、「相手に思われている」と感じさせることができるので効果抜群です!
お客さんのために心のこもった文章を考えるのも大事ですが、名前を入れてさらに印象アップできるようにしましょう。

営業LINEを送る時間帯はお客さんに合わせよう

お客さんにLINEを送る時に、一つ注意しなくてはいけないのが送る時間帯です。
時間に余裕がない忙しい時に送ってしまうと、せっかく送っても返事が来ない場合があります。

朝と昼のキャバクラは同業者の人、出張中のサラリーマン、地元のお客さんなど様々な職業のお客さんが来店します。
同業者の人は夜の時間帯は、お店で働いていることが多いので昼くらいに送ると良いかもしれません。
逆に出張中のサラリーマンは昼間に働いているので、夜にLINEすると比較的返事が返ってきやすいです。忙しい時間帯は避けるようにしましょう。
地元客や年金生活の高齢者男性の場合は生活リズムがわかりにくいので、接客中に普段の過ごし方をさりげなく聞いてみてください。
もしくは忙しい時間帯や、連絡が取れない時間はいつなのか直球で聞いてみるのもアリです。

連絡をする時は何も考えずに送ると、お客さんの負担になってしまうこともあります。
相手の都合をちゃんと考えて、心地いいと感じさせるタイミングで送るようにしましょう。

お客さんにとっては特別な「誕生日」LINEは忘れずに

普段から何気ない内容の話をするのも大切ですが、営業LINEで絶対に忘れてはいけないのが誕生日です。
誰でも誕生日は特別なものなので、お客さんも必ず喜んでくれます。
当日にお祝いするのが基本ですが、ぴったり12時になった瞬間に送るとさらに効果的です。
たとえすぐに返事がなかったとしても、誕生日を迎えた時間に送ることに意味があります。
ぴったりに送るために、事前に準備をしておくと良いですね。

お祝いLINEを送るためには、お客さんの誕生日を把握しておかないといけません。
会話の中でしっかり聞いて、メモをしておけば忘れずに送ることができます。
キャバ嬢からのLINEが来ると、お客さんは「どうせ営業だろう」と思いがちです。
しかし誕生日のお祝いをしてもらえると、「自分のことをちゃんと覚えてくれている」と感じるので相手の心をつかむことができますよ。