採用されるコツ─朝キャバ・昼キャバの面接官に好印象を与える方法

好印象を与える方法①朝・昼キャバの面接で採用された後の目標を言う

面接で「志望動機は何ですか?」と聞かれることがありますが、自分の目標を具体的に言うと印象が上がります。
例えば”学びたいことがあるので、学費を稼ぎたい””お金を貯めて、両親を旅行に連れて行ってあげたい”など明確な目標がある人の方が採用されやすいです。
「この人を採用したらたくさん稼ぐために努力してくれて、売り上げを上げてくれるかも」と、面接官は採用後のメリットを考えます。
目標がある人は頑張って働く人が多いので、好印象を与えられること間違いなしです。
逆に何も目標がないと何のために働きたいのかわからないので、面接官にはやる気がない人だと判断されてしまいます。
悪い印象を与えないためにも、明確な目標を面接でしっかりと伝えましょう!

好印象を与える方法②面接中は笑顔でハキハキと答える

面接官からの質問にしっかり答えられることが大事ですが、面接では顔の表情や口調も重要です。
キャバクラは接客業なので、お客さんから好かれるキャバ嬢にならなければいけません。
表情が暗かったり真顔が多いと、冷たい印象を持たれやすいです。
面接の最中は笑顔を心がけると印象がアップします。いつも笑っている人は明るく元気なイメージで、周りから好かれやすいです。
面接は緊張してしまうかもしれませんが、笑顔を忘れないようにしましょう。
ただし、質問に答える時に小さい声で話してしまうと、何を言っているのか聞き取れません。
もごもご喋っていると、「この人接客業向いてないな」と思われてしまうので、ハキハキと答えるようにしてください。

また、口調が荒いと性格がきつめで品がないと思われやすいので注意しましょう。
面接で口調が荒くなってしまうことはないと思いますが、柔らかくて優しい口調を心がけてくださいね。

好印象を与える方法③面接時の姿勢に気を付けよう

服装、髪型、メイクに手を抜かず、身だしなみが完璧だったとしても姿勢が悪いと台無しです。
面接は座った状態で行うことが基本なので、座り方が悪いと好印象は持たれません。
猫背だとやる気のなさが滲み出てしまうので、座る時は必ず背筋をピンと伸ばしましょう。
背筋が伸びていることで、全体的に綺麗に見えますよ。

背筋だけでなく、足元にも気を使ってください。面接官は足を見ていないようで、実は結構見ているので注意が必要です。
さすがに面接の時に足を組む人はいないと思いますが、癖にてしまっている人は気をつけましょう。そして足を開いてしまうと、だらしないのでしっかり閉じてくださいね。

面接の時間が長いほど疲れてきて、姿勢が悪くなってしまうので最後まで集中して、姿勢を保つことが大切です。
身だしなみだけに全力をかけるのではなく、姿勢も見た目の印象を左右するということを忘れないでください。

まとめ

キャバクラで採用されるためには、まず面接官に好印象を与える必要があります。
やる気があるということを伝えるためには聞かれた質問にしっかり答えること、そして明確な目標をしっかり伝えることが大事です。
それから面接に適した服装やヘアスタイルにするなど、身だしなみにも気を遣いましょう。